正宗系観察日記

ウザい折伏を逆に伏せる(逆伏)ためのデータ記録

大石寺文化考:祖師以来の無戒状態

イスラム教・ユダヤ教キリスト教にも戒律があります、なかには?となるようなものも残されていますが、インドのゴータマブッダは戒定慧を守るように残しています。

この三学は戒を守ることで心が定まり、しかる後に感情や欲望に毒されない智慧の現出を期待するもので、戒定慧の最初である戒は仏教徒にとっては意味のあるものです。ところが日本で仏教といえば大乗仏教を指します。 

なぜ大乗仏教がインドから日本にまで伝わったのかというと、大乗仏教はインドの貴族・金持ちといったカーストの上位の階層に受け入れられたからです。古代の権力者たちには都合が良かったからです。(副島隆彦氏)

 その大乗仏教(北伝仏教)と南伝仏教の大きな差は以下の2つに要約してもいいと思います。

・釈迦仏教は自己内観により自らの苦を解決して涅槃(ねはん)に辿り着く
大乗仏教は菩薩やフィクションの仏などの未知、不可思議なる力を信じることで外在の力で救われるという教え

日蓮さんの殺人しても信心があれば救われるという思想は罪が有っても自力ではなく不可思議なチカラで救われるという他力信仰の極みです。

「大小流布の国に生れて一向に小乗の法を学して身を治め大乗に遷らざるは是れ謗法なり」(十法界明因果抄)

「亦華厳・方等・般若等の諸大乗経を習える人も諸経と法華経と等同の思を作し人をして等同の義を学ばしめ法華経に遷らざるは是れ謗法なり」(十法界明因果抄)

「涅槃経に云く「若し善比丘あつて法を壊る者を見て置いて呵責し駈遣し挙処せずんば当に知るべし是の人は仏法の中の怨なり、若し能く駈遣し呵責し挙処せんは是れ我が弟子真の声聞なり」云云、(中略)法華経の敵を見ながら置いてせめ(責め)ずんば師檀ともに無間地獄は疑いなかるべし、(中略)謗法を責めずして成仏を願はば火の中に水を求め水の中に火を尋ぬるが如くなるべしはかなし・はかなし、何に法華経を信じ給うとも謗法あらば必ず地獄にをつべし」(曾谷殿御返事)

法華経という経典信仰を人生の全てに先行させることが過去の罪障を消滅させて成仏可能な方法論で、法華経を護る為なら殺人も、嘘も、邪淫も、盗みも、飲酒も全て許される、これに違背することが謗法=堕獄というカルト信仰が日蓮信仰のキモでしょうね。

大石寺文化考:護法のためなら殺人も◯

タイトルに有るような思想は大乗の涅槃経から由来するものです。そんなお馬鹿なと普通の頭では思うのですが、日蓮遺文などでは邪宗の坊主の首を切れとシレッと述べられています。

「 不殺生戒と申すは一切の諸戒の中の第一なり、五戒の初めにも不殺生戒八戒十戒二百五十戒五百戒梵網の十重 禁戒華厳の十無尽戒瓔珞経の十戒等の初めには皆不殺生戒なり、
儒家の三千の禁の中にも大辟こそ第一にて候へ 、其の故は「満三千界無有直身命」と申して三千世界に満つる珍宝なれども命に替る事はなし、蟻子を殺す者 尚地獄に堕つ況や魚鳥等をや青草を切る者猶地獄に堕つ況や死骸を切る者をや、是くの如き重戒なれども法華経の敵に成れば此れを害するは第一の功徳と説き給うなり」(秋元御書)

ちなみに、これは晩年に書かれたとされる遺文です。「立正安国論」の第八問の真意は、布施を止めるんだとその意図を再解釈していますけど、本意はやはりココにあったんですよね。さらに

覚徳比丘は、涅槃経に説かれていて、覚徳比丘に反感を持った比丘たちが、刀杖を持ち覚徳を殺害しようとした。その時、国王の有徳王が覚徳を外護し、破戒の悪比丘と戦った。その結果、覚徳は守られたが、有徳王は体に刀剣箭さくの傷を受けて死んだという。二人は死後、護法の功徳により、阿しゅく仏の国に生まれ、それぞれ声聞衆のなかの第一第二の弟子になりました。覚徳比丘は迦葉仏となり、有徳王は釈迦仏となった。この故事は、護法の精神を説いているのです。 

と弁明しますけど、日蓮さんが執拗に極楽寺良観や建長寺蘭渓道隆の首をはねよと教唆してたことは、遺文で確認できます。

◎『建長寺寿福寺極楽寺・長楽寺・大仏寺等を焼き払え。』(種種御振舞御書)
『道隆上人・良観上人等の首を刎ねよ。』 (種種御振舞御書)

◎「法光寺禅門(北条時宗)西の御門の東郷入道館跡に坊作って帰依せんとの給う。諸宗の首を切り諸堂を焼き払え、念仏者とうとあい祈りせん」(大石寺四世日道・御伝土代)

ということですね、祖師が殺人教唆してたことを真意は布施を止めるとか言い訳していますが、祖師だけでなく四世もその事を確認してますので、かなり罪障深いですね。