正宗系観察日記

ウザい折伏を逆に伏せる(逆伏)ためのデータ記録

2016-02-08から1日間の記事一覧

三昧境について:14

座禅や瞑想では、心の働きを観察するときの心を結びつける対象はカンマッターナ(業処)と名付けられました。この業処は、初期仏教や上座部では四つに分類されています。身体の動き(身)、苦楽などの感受(受)、 心の働き(心)、誰もが持つ心の働き(法、一般には…