正宗系観察日記

ウザい折伏を逆に伏せる(逆伏)ためのデータ記録

名字即?そんなうまい話か?

日蓮さんが信奉した法華経は効能書きばかりで肝心の丸薬がないと昔から言われます。確かにこういう事になるという文章はたくさん見ます。その成仏を得るにはの修行が法華経ではボカしてあり、経典を褒めろとか沢山の人を礼拝せよとか、さっぱりなんです。中国ではその手立てが天台宗の摩訶止観だったり、日本では色々ありましたが、日蓮に関しては唱題成仏であったのです。日蓮の場合の根拠は中国天台の六即からの証拠立てだけです。

「六即は観門・五十二位は教門なり、聖人は六即の中には名字即の位なり。問ふ名字の位は知一切法皆是仏法と云ふ意如何、答ふ今の文・名字の後心なり・即観行の初心是へ発りたるなり・名字の半は而不毀呰起随喜心と云へる是こそ名字の正躰なれ」(三位日順・日順雑集)

この 五十二位というのは、菩薩の修行段階を52段階に分けた修行階梯の目安。『瓔珞経』に説かれる十信、十住、十行、十回向、十地、等覚、妙覚を足した数をいいます。十回向までは凡夫で、それ以上から菩薩の位に入るとされています。

こういう取り決めをして上座部仏教よりも大乗仏教の優位を謳うのですが、実際には大智度論などを著した大乗の祖と言われる龍樹菩薩は四十一位の初地の位で(四十一段目からは不退転位といい、どんなことがあっても退転しない歓喜があり、四十一位を初歓喜地という)自力修行により、四十一位を悟ったのは龍樹と、後世の天親菩薩の兄、無著の二人だけと言われていますので、普通の凡夫や並み居る高徳の僧侶なども問題外。

さらに勝手に六即という階梯をきめた天台大師はこの五十二位でいえば、下から九段目の五品弟子位だったようですので、いかな法華経と言いえどもそんなもんだったんですね。

実際法華経でも釈迦の十大弟子達は舎利佛・目連・阿難・迦葉といえども無限の時間をかけてようやく成仏するらしいですから、これ法華経が説かれて成仏した人は皆無でしょう。

経典上では十方の仏とか法華経会座に現れた多宝仏とか居るみたいですが、どこどこで活躍した実在の仏ではないですから、結局は絵に描いた餅なわけです。

大乗仏教の成仏論はあくまで三劫成仏が原則で、三劫(宇宙が創生されて滅びるまでが一劫を三回)に亘って、しかも徹底的な自己犠牲による利他行が必要なのです。

覚鑁虚空蔵菩薩求聞持法を9回修して大覚を得たといわれています。これ実に900日間毎日十時間以上の修法となります。でありながら大覚で成仏ではありません。(続く)