正宗系観察日記

ウザい折伏を逆に伏せる(逆伏)ためのデータ記録

名字即の中身

名字即のことについて書かれた初期の頃の重須談所の三位日順さんの書物を再度見てみましょう。

「今の文・名字の後心なり・即観行の初心是へ発りたるなり・名字の半は而不毀呰起随喜心と云へる是こそ名字の正躰なれ」(日順雑集)

 この漢文の「而不毀呰起随喜心」とは誹謗せず、随喜を起すだけでよいということらしいです。このことは末法の名字即の機根の衆生、「信」のみで解のない凡夫のための行法が末法の法華経であるという『四信五品抄』の趣旨と同じくしてますので、まずこういうことなんでしょう。化儀抄という9代日有の口述ものに

「種熟脱の位を円教の六即にて心得る時、名字の初心は種の位、観行相似は熟の位、分真究竟は脱の位なり、脱し終われば名字初心の一文不通の凡位の信にかへるなり

迹に云く脱は現に在りとえへどもつぶさに本種に騰ぐと釈して脱は地住以上にあれども具に本種にあぐると釈するこれなり、

この時釈尊一代の説教が名字の信の本益にして悉く迹には益なきなり皆本門の益なり、よって迹門無得道の法門は出来するなり、これ即ち法華経の本意滅後末法の今の時なり」(化儀抄)

 ここでも妙楽の「脱は現に在りとえへどもつぶさに本種に騰ぐ」が出てきました。しかしここでもまた解釈が違います。ここでいう迹門の天台六即、観行即に至れば究極の仏道修行は法華経にあることが分かるという事らしく、その上の相似即に至れば輪廻転生しても悟りの内容は忘れていないので、道を踏み外すことなく菩薩行を行い、究極の悟りに少しずつ近づけるそうです。

ですから三位日順さんの「即観行の初心是へ発りたるなり」は、名字即の修行が進むと法華経だけしかないと分かるらしいです。これを大石寺では最近全く触れずに名字即=信のみが有難いと言ってます。

しかし、こういう文章読んでいると、いかにも結論ありきで構成されていることが残念ですね。まず法華経=仏説、そして天台の解釈ありき、さらに末法では釈迦の説いた法華経ではなく題目のみ。という結論がなんの検証もなく語られて、それを信じることが信仰=救いというロジックなんですね。

でありながら最後には、釈迦も天台も過時の導師・教法ってことで天台宗の過時(中略)設(たと)ひ天台・伝教の如く法のまゝありとも、今末法に至っては去年の暦(こよみ)の如し」(観心本尊得意抄)と、ちゃぶ台ひっくり返すので、まったく利用するものは利用して足場崩すという論法は、いかがなものかと思ってしまいます。