正宗系観察日記

ウザい折伏を逆に伏せる(逆伏)ためのデータ記録

戒体と種子

戒体が修行者の面倒を見てくれる媒体だとすれば、それを心田という心に下すのが種ですね。いわゆる仏種です。日蓮系では下種としてこういうことを言います。

「今末法に入っては教のみ有って行証無く在世結縁けちえんの者一人も無く、権実の二機悉ことごとく失うせり。此の時は濁悪たる当世の逆謗の二人に、初めて本門の肝心寿量品の南無妙法蓮華経を以て下種と為なす」(教行証御書)

 この文章の見解も門下ではマチマチで、日蓮本仏圏では末法では仏種がないとします。しかし一致系の門流では釈迦本仏を立てるので過去以来の仏種は断絶せずという見解です。

人はみんな仏性があると言っているのは涅槃経だが、その仏性にある刺激を与えて変革する「法」が下種仏法で、その行法をメインにしないと禅・真言を行っても悟りに繋がりませんよ。というのが平たく言えば日蓮仏法の骨子である。

曼荼羅に法体の全体が書かれており、信心によって冥益であるが仏性に下種する。つまり9識に相当する法を注ぐことで、仏になる下地が始めて出来上がる。この下種には聞法・発心の2つがあり、功徳は同等と説く。初めから9識は無い。(仏性としての性質では存在するが)下種の変革によって素地が出来る。これを発見したのが日蓮である。ここに日蓮仏法の独自性がある。(日蓮宗系ブログ)

この方は有名な僧侶ですが「下種の法体「従果向因」を表示したご本尊は「南無妙法蓮華経」であり、これに「南無」するのである。(一方、天台は「妙法蓮華経」に「南無」する)そして前にも書いたが「南無妙法蓮華経  日蓮(御判)」と明示されていなければ下種の法体とは言えない。このように小生は日蓮義を理解している。」と説明してます。

これに対して日蓮本仏圏では以下のように解説してます。

末法の衆生には釈尊との結縁がありません。この本未有善(ほんみうぜん)の一切衆生の心田に、初めて寿量文底下種の南無妙法蓮華経を下種する時なのです。釈尊滅後の正像二千年の衆生は、釈尊との結縁があったため、権大乗経を縁として得脱したのですが、権大乗経で得脱したのではなく、妙法蓮華経の下種結縁によって得脱したのです。濁悪の末法は、妙法蓮華経下種の時なるが故に、凡夫の当体を無作の三身と開覚する本法の徳を示されるのです。 (日蓮正宗系寺院サイト)

恐らく考え方は末法の衆生の心に結縁は有るか無いかですので、交わることはないと思います。正宗系のウィークポイントは末法という設定です。これが無根拠となれば一致系の日蓮宗のいうことが最もだとなります。