正宗系観察日記

ウザい折伏を逆に伏せる(逆伏)ためのデータ記録

天台系と言いながら、実は唯識。

日蓮正宗では人法一箇ということを言います、解説によると「人法一箇とは、人法体一・人法一体ともいい、法華経本門寿量品の文底に秘沈される法即人の本尊と人即法の本尊が、一体不二の当体であることをいいます。」ということです。

もうすこし詳しく拾い出すと以下の文章がそれに当たるようです。

法即人の本尊とは久遠元初自受用報身如来である日蓮大聖人をいい、人即法の本尊とは文底独一本門の事の一念三千の南無妙法蓮華経である本門戒壇の大御本尊をいいます。

この論拠を正宗では日蓮遺文に求めてこう言います。

「釈迦・多宝の二仏と云ふも用の仏なり。妙法蓮華経こそ本仏にては御坐(おわし)候へ(中略)凡夫は体の三身にして本仏ぞかし」(諸法実相抄・真偽未決)

「釈迦如来五百塵点劫(じんでんごう)の当初(そのかみ)、凡夫にて御坐(おわせし)時、我が身は地水火風空なりと知ろしめして即座に悟(さとり)を開きたまひき」(三世諸仏総勘文教相廃立・偽書

 これらは妙法蓮華経という現象に先んじた基体があり、それを法として先んじて修行し獲得したものが仏というニュアンスです。日蓮正宗での説明でも、こうあります。

久遠元初の一念に境智(きょうち)冥合(みょうごう)し、即座に開悟された仏様であり、人法体一の仏様に在ましますのです。平易に言うならば、南無妙法蓮華経はそのまま日蓮大聖人様(法即人)であり、日蓮大聖人様は南無妙法蓮華経(人即法)そのものなのです。(日蓮正宗・人法一箇について)

妙法蓮華経という認識できない基体(法)に境智冥合した人が久遠にいたという事です、その人が法と証得した悟りを以って 名づけたのが妙法蓮華経だと言います。

「至理は名無し聖人理を観じて万物に名を付くる時、因果俱時不思議の一法之有り之を名けて妙法蓮華と為す此の妙法蓮華の一法に十界三千の諸法を具足して闕減無し之を修行する者は仏因仏果同時に之を得るなり」(当体義抄・真偽未決)

 不思議と真蹟のない遺文ばかりが取り上げられているのもヘンですが、ここが日蓮正宗の真骨頂で譲れないところだそうですね。ところで、ここでもはじめに何かありきになってます。コレについては三枝氏の論書が参考になります。

唯識思想は根本的には般若の空を受け継いでいる。だが両者はつぎの点で相違する。
(1)般若思想は一切諸法は皆無自性であるとみる。
(2)これに対して唯識思想は一切諸法が決定的に無自性であるのではないと説く。」
(Ⅲ―3 『唯識三十頌』)(『世親』(三枝充悳

唯識思想は無自性ではない、つまり根源に我を認めるんですね、日蓮の思想は唯識的でも有るわけです。