正宗系観察日記

ウザい折伏を逆に伏せる(逆伏)ためのデータ記録

日蓮と弥勒信仰

日蓮遺文には久遠の過去のことが書いてあっても、仏典に言う弥勒信仰についての論究は微塵もありません。

弥勒は現在仏であるゴータマ・ブッダ(釈迦牟尼仏)の次にブッダとなることが約束された菩薩(修行者)で、ゴータマの入滅後56億7千万年後の未来にこの世界に現われ悟りを開き、多くの人々を救済するとされる。それまでは兜率天で修行(あるいは説法)しているといわれ、中国・朝鮮半島・日本では、弥勒菩薩兜率天に往生しようと願う信仰(上生信仰)が流行した。

 法華経にも序品から登場し、舎利佛が対告衆になっている以外の経典でけっこう登場してます。浄土宗系の『無量寿経』には、阿弥陀仏の本願を後世の苦悩の衆生に説き聞かせるようにと、釈迦牟尼仏から弥勒菩薩に付属され未来において成仏の記別をうけています。

ところが日蓮遺文にはそれが気に入らないのか、あまりその行跡を評価しておらず、以下の遺文ではまったく信じてないようです。

大日如来は何なる人を父母として何なる国に出で大日経を説き給けるやらん、もし父母なくして出世し給うならば釈尊入滅以後、慈尊(弥勒菩薩)出世以前、五十六億七千万歳が中間に仏出でて説法すべしと云う事何なる経文ぞや、若し証拠なくんば誰人か信ずべきや、かかる僻事をのみ構へ申す間・邪教とは申すなり(祈祷抄・文永九年・真蹟曽存)

大嫌いな密教大日如来と並べてですから弥勒さんも肩身が狭いでしょうね。ここでは「五十六億七千万歳が中間に仏出でて説法すべしと云う事何なる経文ぞや」と高ぶってますが、根拠は『観弥勒菩薩上生兜率天経』、『弥勒下生経』、『弥勒大成仏経』の3本で『弥勒三部経』が確認されてます。特に『弥勒下生経』には、初会96億、二会94億、三会92億の衆生を済度すると説いています。

弥勒は実在したという説があり未来仏として、すでに『阿含経』にこの名前が見え、この未来仏の概念は過去七仏から発展して生まれたものと考えられています。

法華経で登場している内容と日蓮正宗の久遠仏思想が非常に似てますので、すこし掘り下げてみたいと思います。