正宗系観察日記

ウザい折伏を逆に伏せる(逆伏)ためのデータ記録

弥勒の出現する時間経典

それでは日蓮遺文の弥勒の箇所なんですが

釈尊入滅以後、慈尊出世以前、五十六億七千万歳が中間に仏出でて説法すべしと云う事何なる経文ぞや、若し証拠なくんば誰人か信ずべきや、かかる僻事をのみ構へ申す間・邪教とは申すなり」(祈祷抄・文永九年・真蹟曽存)

 ここで慈尊出世と言ってるのは慈尊=弥勒菩薩の事です。慈氏尊ともいい、弥勒慈尊と表されることも有るようです。梵語の弥勒(Maitreya)を意味訳しますと、慈悲から生まれたものとなり慈氏となります。舎利佛さんを漢字圏で「舎利子」と表するのと同じ使い方ですね。

それで日蓮遺文の「五十六億七千万歳が中間に仏出でて説法すべしと云う事何なる経文ぞや、若し証拠なくんば誰人か信ずべきや」とあるんですが、この膨大な数字の根拠は

『弥勒三部経』と言われる『観弥勒菩薩上生兜率天経』、『弥勒下生経』、『弥勒大成仏経』の3本でこの中の弥勒上生経に

「弥勒が閻浮堤に姿を現すのは五十六億七千万歳で『弥勒下生経』に説くとおりである」(弥勒上生経)

とその時間を説いています、その弥勒下生経ですが、印度で未来佛としての弥勒信仰は2世紀ごろに起こり、4世紀末までには「弥勒下生経」「弥勒上生経」「弥勒三部経」の弥勒三部経が成立したようです。

兜率天に住んでおられた釈迦牟尼仏は、われわれ衆生を救わんとして、兜率天から地上に降りて来られて、インドの釈迦国の浄飯王の妃である摩耶夫人の胎内に入られ、シッダ-ルタ太子となって誕生された。釈迦牟尼仏は、兜率天を去る直前、弥勒菩薩を未来仏にノミネート〈指名)された。自分はこれから人間界に行って仏陀となり、衆生を教化するが、自分のあとは、弥勒菩薩よ、そなたが人間界に行って仏陀となってほしい(略)。その依頼によって、弥勒菩薩は、56億7千万年後に仏陀となってわれわれのところに来現されるというのである。」(弥勒下生経)

平安期頃には日本でも弥勒信仰が強くなり、あの空海も臨終の際に兜率天に生まれ合わせたいと、伝えたといいますからかなりの範囲で根強かったんですね。