正宗系観察日記

ウザい折伏を逆に伏せる(逆伏)ためのデータ記録

禅批判でのち、自語相違

日蓮は禅の「教外別伝・不立文字」 「直指人心・見性成仏」を仏意にあらずと『大梵天王問仏決疑経』を偽経として中国大蔵経の古録である『貞元釈教録』『開元釈教録』にもその存在はないと各遺文で攻め立てています。

さてこの「教外別伝・不立文字」を攻めながら、三大秘法の根拠を法華経の文底に求めたとするのは何が違うんでしょうか?

「一念三千の法門は但法華経の本門寿量品の文の底に(秘し)しづめたり。竜樹天親は知って、しかもいまだひろめ(広め)たまわず、ただ我が天台智者のみこれをいだけり。」(開目抄・真蹟)

このことを教団側は「文底秘沈とは、真の事の一念三千(末法の一切衆生が即身成仏の本懐を遂げるべき根本の大法)が、法華経本門寿量品の文底に秘し沈められていることを表わす語」というのですが、 禅宗の教外別伝・不立文字を批判しながら、そっくりそのままの意を自分のところはやってしまっていいという論拠はどこにあるんでしょうね。

しかも日蓮の場合、その悟ったという師伝・印可が明確ではなく、釈迦から時空を超えて授かったという遺文が目立ちます。

日蓮相承の中より撰み出だして候。能く能く信心あるべく候。」(四条金吾女房御書)

「今日蓮は塔中相承の南無妙法蓮華経の七字を末法の時、日本国に弘通す。」(十八円満抄)

日蓮慥かに教主大覚世尊より口決せし相承なり。」(三大秘法禀承事)

『血脈並びに本尊の大事は日蓮嫡々座主伝法の書、塔中相承の稟承(ぼんじょう)唯授一人の血脈なり。相構へ相構へ、秘すべし伝ふべし。』(本因妙抄)

『但し直授結要付嘱は唯一人なり。白蓮阿闍梨日興を以て総貫首と為し、日蓮が正義悉く以て毛頭程も之を残さず、悉く付嘱せしめ畢んぬ。上首已下並びに末弟等異論無く尽未来際に至るまで、予が存日の如く、日興が嫡々付法の上人を以て総貫首と仰ぐべき者なり』(百六箇抄)

これらは大日能忍が天台宗から攻められたように師伝の明らかならない、自己申告の妄想とも言える相承ですね。日蓮遺文には経典を師としてという文章は見えますが、こういう師匠から印可を受けたという箇所は皆無です。であれば、禅宗を批判する「見性成仏」や「拈華微笑」と大差ないことになりますね。