正宗系観察日記

ウザい折伏を逆に伏せる(逆伏)ためのデータ記録

三乗思想

方便品では三乗という概念を提示して、一乗に向かわしめることが説かれますが、これがずっと法華経の優位の根拠とされています。

ところが般若経でも三乗ということはいいまして、渡辺章悟氏によりますと、三乗という術語は部派仏教、厳密には北伝の部派(有部系・大衆部系ともに)で成立したものであるが、その構成は「声聞乗・独覚乗・仏乗」の三乗をもって示される。これら三乗については、『増一阿含経』、『大毘婆沙論』、などに見られることがすでに指摘されているそうです。

この三乗思想は修行者が仏果に至るための段階を説いたものであるが、 基本的には菩薩乗は含まれないことが重要であると指摘しています。

菩薩思想の発展に伴い、仏乗とは菩薩乗であると解釈するようになり、三乗を「声聞乗・独覚乗・菩薩乗」というようにもなる。さらにこの仏乗を、声聞乗・独覚乗に対して優越するただ一つの乗(一乗) と見なし、あるいは、「声聞乗・独覚乗・菩薩乗」の三乗すべてを一仏 乗と見なす見解も登場する。

たとえば、『勝鬘経』で説かれる一乗法身、あるいは『法華経』で説かれる二乗を方便とする三車説、方便としての三乗と一仏乗を別に考える四車説などがそうであり、これまではこの問題をめぐって三乗思想が 論議されてきたように思う。

ただし、それらの研究はいずれも大乗の三乗説が完成してから以降の発展形態を扱うものであり、初期大乗や般 若経における仏乗と菩薩乗と大乗の関係や、菩薩乗を含む三乗思想につ いては、必ずしも明らかではなかった(渡辺章悟氏・般若経の三乗思想より引用)

般若経などでは、三乗という言葉が実際に出てくるようです。

また実にスブーティ長老よ、如来によって三種の菩薩乗(によって修行する)人々が説かれたが、それら三種の区別は存在しない。なぜなら、スブーティ長老の所説では、唯だ一つの乗り物、すなわち仏乗(である)菩薩乗があるだけだからである。

(梵文八千頌般若・シャーリプト長老のスブーティ長老への反問|佛説三乗人則無差別:小品般若・大正蔵

般若経典は初期大乗の経典ですが、この頃に『八千頌般若』のなかでは仏乗・菩薩乗をただ「一つの乗り物」(一乗)として同一視する思想が現れていたということですね。