正宗系観察日記

ウザい折伏を逆に伏せる(逆伏)ためのデータ記録

「自灯明・法灯明」

涅槃経と言っても、大乗の涅槃経は設定だけ初期涅槃経の舞台を借りた異質の経典です。

大乗涅槃経の基本的教理は、4つ
如来常住(にょらいじょうじゅう)
■一切衆生悉有仏性(いっさいしゅじょうしつうぶっしょう)
■常楽我浄(じょうらくがじょう)
■一闡提成仏(いっせんだいじょうぶつ)
以上の4つを柱として要約される。涅槃経は、釈迦の入滅という初期仏教の涅槃経典と同じ場面を舞台にとり、また諸行無常という仏教の基本的理念を踏まえながら、如来の般涅槃(はつねはん)は方便であり、実は如来は常住で不変だとして、如来の法身(ほっしん)の不滅性を主張する。(大乗涅槃経概要)

 もう一方の涅槃経では全く反対概念で、仏性や常住思想などなく、釈尊が、自分の死後は「法を依(よ)りどころとし、自らを依りどころとせよ」(自灯明・法灯明)といったこと、また「すべてのものはやがて滅びるものである。汝等は怠らず努めなさい」と諭したことなどが重要ポイント。

では、アーナンダよ、どのように比丘は自己を島とし、自己を依り所とし、他を依り所とせずに、法を依り所とし、他を依り所とせずに、住むのか。

ここに比丘は、身体について、身体を観つづけ、熱心に、正知をそなえ、念をそなえ、世界における貪欲と憂いを除いて、住みます。もろもろの感受について、感受を観つづけ、熱心に、正知をそなえ、念をそなえ、世界における貪欲と憂いを除いて、住みます。心について、心を観つづけ、熱心に、正知をそなえ、念をそなえ、世界における貪欲と憂いを除いて、住みます。

もろもろの法について、法を観つづけ、熱心に、正知をそなえ、世界における貪欲と憂いを除いて、住みます。このように、アーナンダよ、比丘は自己を島とし、自己を依り所とし、他を依り所とせずに、法を島とし、法を依り所とし、他を依り所とせずに、住むのです。(長部第16大般涅槃経第二章より 片山一良訳)

大乗思想のように菩薩や多くの仏に依存して成仏を目指す方法論はなく、 あくまでも「自灯明・法灯明」を島として智慧の開発を促しています。