正宗系観察日記

ウザい折伏を逆に伏せる(逆伏)ためのデータ記録

無仏の時代

それでは無仏というキーワードで日蓮遺文を検索してみると、無仏の時に二乗はこうあるという遺文に当たります。

縁覚道とは二有り一には部行独覚・仏前に在りて声聞の如く小乗の法を習い小乗の戒を持し見思を断じて永不成仏の者と成る、二には鱗喩独覚・無仏の世に在りて飛花落葉を見て苦・空・無常・無我の観を作し見思を断じて永不成仏の身と成る戒も亦声聞の如し此の声聞縁覚を二乗とは云うなり。(十法界明因果抄)

ここでは「独覚・無仏の世に在りて飛花落葉を見て苦・空・無常・無我」 と悟りますが、これは「永不成仏の身」となるので大乗・日蓮的には却下のようです。次に大日如来と釈迦を相対して真言家を批判している遺文に「無仏」が出ています。

我が師・釈迦如来は一代聖教乃至八万法蔵の説者なり、此の娑婆・無仏の世の最先に出でさせ給いて一切衆生の眼目を開き給ふ御仏なり、東西十方の諸仏・菩薩も皆此の仏の教なるべし、譬えば皇帝已前は人・父をしらずして畜生の如し(善無畏三蔵抄)

ここでは大乗法華の釈尊無仏の世の最先に出でさせ」とあります、しかし文頭に「我が師・釈迦如来 と注釈がはいってます。あくまでも本仏は法華経釈尊という規定です。

釈迦がこの世を去ってから、弥勒菩薩がこの世に現れるまでの間を無仏の時代といい、これを末法と見た人もいたようです。無仏の期間は、56億7000万年間続きそれを救うのが諸説紛々で、日蓮の題目こそが久遠以来の法と仏という考えも一つで、法身仏としての大日如来であつたり、仏陀の使いの地蔵菩薩だったりします。