正宗系観察日記

ウザい折伏を逆に伏せる(逆伏)ためのデータ記録

日道にみえる位置づけ

さて今度は大石寺の日道にみえる祖師の位置づけですけど、ここでも日蓮本仏という線はあり得ないですね。

日蓮聖人者(は、)本地是(これ)地涌千界上行菩薩の後身也」
日蓮聖人云(いわく)、本地は寂光地涌大士上行菩薩六万恒河沙上首也、久遠実成釈尊之最初結縁令初発道心之第一御弟子也。本門教主は久遠実成無作三身、寿命無量阿僧企劫寿中不滅我本行菩薩道所成寿命今猶未尽復倍上数の本仏也。」
「法華本門釈迦は上行等の四菩薩を為脇士(脇士と為す)云々」
「何閣(なんぞ)三身即一之有縁之釈尊、強に執一体修三之無常之仏陀哉、」(御伝土代・正本大石寺

この文書を題名の御伝の土代とは、草案のことで、『三師御伝草案』 ともいうそうです、日蓮・日興・日目の大石寺に伝わる史伝を著述されたものという解釈をされています。

この文中に「本門教主は久遠実成無作三身」とみえますが 大石寺ではこれを久遠元初の本仏とするようですが、それはかなり無理があります。久遠実成は法華経では本門の釈尊のことで、久遠以来の法身・報身・応身を指すことは明らかです。

さらに体外的に法華経本門を用いよと言う日蓮系の申状というのが残っています。そこには

「先師日蓮聖人者(は)生知の妙悟、深く法華の淵底(えんてい)を究(きわ)め、天真独朗玄(しず)かに未萌の災孼を鑑(かんが)み下ふ

矣(いずくんぞ)経文の如くんば上行菩薩の後身、遣使還告の薩埵(さった)也、若し爾(しか)らずんば所弘の法門寧(むし)ろ塔中(たっちゅう)伝付の秘要末法適時の大法に非ず乎(や)」(日道申し状)

ここでも 「上行菩薩の後身、遣使還告の薩埵(さった)也」という文言があり、遣使還告は釈尊からの使者の意味ですから、主体的な仏という意味には取れません。