正宗系観察日記

ウザい折伏を逆に伏せる(逆伏)ためのデータ記録

神か仏か?

それでは日蓮本仏論が顕著に出だしたのは何時頃から、となりますがこれが悩ましい問題です。正宗系では日興は初期から言い出していたというのですが、そういう明確な文言は有りません。日興が信徒宛の他の消息類に、以下の文言を以って本仏論の証拠としています。

「聖人御知見候了」

「御影の御見参に申し上げまいらせ候」

「聖人御影のご宝前に申し上げ候了」

「法華聖人のご宝前に申し上げ候了」

法主聖人」

「御経日蓮聖人見参に申しまいらせ候ぬ」

「仏にまいらせて候」

「仏の御見参に申し入まいらせ候ぬ」

「佛聖人の御座候座に」

しかし「久遠実成釈迦如来の金剛宝座なり。(中略)上行菩薩日蓮上人の御霊崛なり」(与波木井実長書)「日蓮聖人の御法門は、三界衆生の為めには釈迦如来こそ初発心の本師にておわしまし候を」(原殿御返事)「しょほっしんの、しゃかほとけ(釈迦仏)」(報佐渡国講衆書)「付属の弟子は 上行菩薩 日蓮聖人」(三時弘教次第)とあって、辻褄が合いません。
日興の消息文に言う「ほとけ」と言うのは仏徒として仏果を証した事とも捉えられ、それを「末法の仏」というには、少し誇大な拡大解釈ではないでしょうかね。
それが証拠には別の消息文には「御神馬一疋・用途三貫文、令進給、御状 法主聖人 御神殿奉備進候了。恐々謹言。」(辨阿闍梨御返事)というのがあり、馬が好きだった日蓮に日道(辨阿闍梨大石寺四代)が進上し、それを日興が故・日蓮の神殿に具えたとあります、言葉だけ取るのであれば、これでは日蓮は神様になってしまいます。