正宗系観察日記

ウザい折伏を逆に伏せる(逆伏)ためのデータ記録

不思議な言い訳

日蓮正宗ではなぜ日蓮遺文や日興の消息文にそのものズバリの日蓮本仏が現されなかったという問題について、「当時を鑑みるに、一般の信徒や衆生、幕府に対し「私が本仏だ」と明言しても詮無しということを重々熟知されておられたのでしょう」ということを言います。

日蓮聖人の御法門は、三界衆生の為には釈迦如来こそ初発心の本師にておはしまし候」
(原殿御返事)
日蓮聖人は忝くも上行菩薩の再誕にして本門弘通の大権なり」
(五人所破抄・三位日順)

ところがこの理屈はそのまま日蓮を本仏と知ることが出来ない信者や僧侶も生むことになります、明確に日蓮本仏論が展開されるのは日有の頃ですので、それまでの信者は久遠の釈迦を本仏と信じていたということになります。

日蓮本仏論は日興の門流でも秘事として語り継がれたのかどうか不明です、しかし室町の頃に突然として本仏論を掲げたということはそれまでの信者の大多数は日蓮を正しく理解していなかったことになります。

日蓮正宗におきましては、宗祖大聖人様こそ末法の御本仏と拝し、そしてまた、大聖人様の御境界、また御建立あそばされた本門戒壇の大聖人様の当体は、大聖人様が久遠元初(くおんがんじょ)の仏様として、お悟りあそばされた久遠の本因妙(ほんにんみょう)の法体を、末法万年の衆生のために御建立下さったことを拝し奉って、末法の御本仏として信仰申し上げるのであります。

正宗の主張通りなら、日蓮本仏論を多くの弟子・檀那に隠して祖師・日蓮とは仏弟子であり、釈迦の御遣い、上行菩薩、法華経の行者だと説いて本門・教主は釈尊としたのであるならば、日興門流は日蓮は末法の仏であると知りながら、敢えて弟子や檀那達を日蓮に結縁させなかった、という事になってしまいます。 

これは上代に大きな瑕疵を作ったことになってしまいませんか??