正宗系観察日記

ウザい折伏を逆に伏せる(逆伏)ためのデータ記録

無慈悲の日蓮

真蹟に見られる日蓮の自覚はあくまでも釈尊の使徒である範囲から出ることは有りませんでした、ところが相伝仏法と標榜する日蓮正宗では、これらは日蓮大聖人よりの正しい相伝が伝わっていない何よりの証拠である。として、以下の様なことをまくし立てます。

身延日蓮宗日蓮大聖人を仏として敬わず、金ぴかの釈尊を本仏として崇めている。法華経の迹門も本門と同様の価値を有すると考えている。

三益:種熟脱 仏の化導に三種あり、仏の種を植える御本仏、植えられた仏種を育てる仏、育った仏種を得脱させる仏であるが、末法とは過去世に仏との結縁が無い人々ばかりであり誰も仏の種を所持していない世の中である。この悪く乱れた世に南無妙法蓮華経の仏種を植えるべく出現されたのが日蓮大聖人である。この仏種がなければ仏法の功徳は始まらないのであるから、根本の下種御本仏と尊崇申し上げるのである。(身延山久遠寺を本山とするいわゆる日蓮宗との違いについて)

そして「かかる日蓮を用いぬるともあしくうやまはば国亡ぶべし(種種御振舞御書・真蹟)」 として、日蓮大菩薩などとんでもない、「身延日蓮宗日蓮大聖人を宗祖と立てながら、悪しく敬っている即ち亡国の果報を招く教えであると言える。」とまで言い切っています。

 

さて、そこで現在からなら何とでも言えるのですが、日蓮在世の時代に先の真蹟遺文を与えられた方々、例えば観心本尊抄を頂いた富木常忍氏や真蹟重要遺文の開目抄を頂いた四条金吾さん達、その他本仏と書かれていない消息文を貰った在家信者は、日蓮は末法の本仏などと知らないわけですね。

●「日蓮は愚かなれども、釈迦仏の御使(おんつかい)・法華経の行者なりと名乗りそうろう(候)を」(一谷入道御書)
●「日蓮いやしき身なれども、教主釈尊の勅宣を頂戴して、此の国に来たれり」(四条金吾殿御返事)

となれば、大石寺のいうが如く『 悪しく敬っている即ち亡国の果報を招く教えであると言える。」となってしまいますね。これは誰の責任になるのでしょう?こういう手紙貰えば、日蓮=本仏など理解の範囲外ですね。

だって自分の師匠がそう書いているのですから、知るはずも有りません、ということは在世の檀越達で日蓮=本仏という教示戴けなかった人は、大石寺理論なら堕地獄となり今は地獄で釜炊きでもしているんでしょうか?

日蓮正宗の本仏理論であれば、無慈悲にもそれを教示しなかった日蓮もそうなれば同罪となってしまいます。そう思われませんか?