正宗系観察日記

ウザい折伏を逆に伏せる(逆伏)ためのデータ記録

肉食禁止

今回からはちょっと様子を変えて、大乗関係の小ネタで行ってみたいと思います。

いまでは妻帯肉食など平気の平左の日本の大乗僧ですが、それは一律に大乗戒の杜撰さにあるといえます。

楞伽経というのがありますが、ランカーヴァータラ・スートラといい、成立は350~400年説もしくは6~7世紀説とも言います。中期大乗仏教経典の一つで大乗系では眼目の如来蔵思想と唯識思想が説かれてます。この経典に肉食禁止のことが書いてあります。

偉大なる聖者よ。勝利者のうちの雄者よ。
道を求める人々、志の偉大なる人々は教えを説くが、
かれらは酒と肉と葱とを食したり、飲んだりしてはならない。
悪臭は卑しい人々がなずみ、また悪名をまねく。
肉は、屍体を食らう悪鬼の食物であり(求道者の)食すべきものではない、と説け。(サンスクリット邦訳・楞伽経)

この経典の肉食禁止の結論として「肉を食らう者どもは、最悪なる叫喚地獄などのなかで悪業の報いを受ける。」とありますが、日本の禅宗の所依の経典ともいわれます。

伝説では禅宗の開祖とされるインドの菩提達磨達磨大師)が楞伽経を携帯して、中国に行って慧可(えか)に楞伽経4巻を授けたことになっていますけど、今となってはあまり読誦してないそうです。というのは、この箇所を読むとかなり耳の痛いですね。 日蓮遺文では善無畏抄にこう書いてます。

「今の世に浄土宗・禅宗なんど申す宗宗は、天台宗にをとされし真言・華厳等に及ぶべからず。依経既(すで)に楞伽経(りょうがきょう)・観経(かんぎょう)等なり。此等の経経は仏の出世の本意にも非(あら)ず、一時一会(いちじいちえ)の小経なり。」(善無畏抄)

ということだそうで、最蓮房への手紙でも「達磨・慧可……此等の法師原(ばら)を邪悪の師と申し候なり」と批判してます。でも末の弟子たちが肉食や妻帯するとは思ってなかったんでしょう(笑)