正宗系観察日記

ウザい折伏を逆に伏せる(逆伏)ためのデータ記録

肉食の忌避はどこまで?

仏教の不殺生戒を守るために修行者が食用のための屠殺などは禁止されていますけど、上座仏教や釈迦の時代にも托鉢で肉を出された場合はどう扱うか、という問題があります。

「浄肉」という教えがあり、この条件をみたすものは食べていいそうです。

・生き物が殺されたのを見ていない
・生き物が自分のために殺されたと聞いていない
・生き物が自分のために殺されたという疑いが起こらない

 しかし楞伽経ではこの三種も許していないそうで「三種の浄肉など存在しない。肉はすべて禁止」と断言しています。

釈迦は出家して修行している間は自分たちの食は、在家の人からの施食をいただく(托鉢・乞食の意味は生産的なことは一切しない)ブッダが出家生活を通じて一貫して実践したことは、「乞食の生活」。

実際に托鉢で得た食物に肉が入っていることもあり、単純に肉食忌避ではなかったことが初期経典にも残されています。

「生物を殺すこと、打ち、切断し、縛ること、盗むこと、嘘をつくこと、詐欺、だますこと、邪曲を学習すること、他人の妻に親近すること、――これがなまぐさである。肉食をすることが(なまぐさい)のではない。
この世において欲望を制することなく、美味を貪り、不浄の(邪悪な)生活をまじえ、虚無論をいだき、不正の行いをなし、頑迷な人々、――これがなまぐさである。肉食することが(なまぐさい)のではない。(中村元訳・岩波文庫・「ブッダのことば」)」

これはおいしく料理された鶏肉とともに米飯を食べながら、私はなまぐさものを許さないのは矛盾だと批判された事への釈迦の返答だそうです。