正宗系観察日記

ウザい折伏を逆に伏せる(逆伏)ためのデータ記録

今昔物語の毘流離王の話

それでは毘流離王の釈迦一族殺戮の動機ですが、今昔物語の説話から引用します。

今は昔、天竺の迦毘羅衛(かびらえ)国は、釈迦のお生まれになった国である。釈迦の一族は皆、この国に住み、釈種と呼ばれ、高貴な家柄とされていた。全天竺の中でも、もっとも高貴な家柄である。

釈種の中でも、釈摩男(しゃくまなん)という人は智慧明晰であり、一国の師範として、大勢の人がこの人に師事していた。

時に、舎衛(しゃえ)国の波斯匿(はしのく)王は、大勢の后を持っていたが、迦毘羅衛国の釈種の娘を后にしたいと思い、迦毘羅衛国に遣いをよこした。

迦毘羅衛国の王は、諸大臣を集めてこのことを協議した。「舎衛国は、素性の卑しい国である。たとえ后として迎えるといっても、釈種の女をあんな国にやるわけにはいかない。とは言え、あの国は大国である。言うことを聞かねば、我が国を攻めてくるだろう」と、態度を決しかねていた。

と、一人の大臣が、「釈摩男の家の奴婢の某の娘はたいそうな美人でございます。これを釈種ということにして遣わしたらいかがでしょう」。王も他の大臣たちも喜び、この案が採択された。

そして、その奴婢の娘を着飾らせて、釈種の娘であるとして、舎衛国に遣わした。娘の美しさは、波斯匿王の他の后たちとは比べ物にならなかったので、王はこの新しい后をこよなく寵愛した。名を、末利夫人(まりぶにん)という。

やがて二人の子が生まれ、そのうちの一人が八歳になったとき、王はこう言った。

「迦毘羅衛国は、母后の生まれた国なので、我が国とは親しい間柄であり、また、智恵の優れた国である。中に、釈摩男という男がいるそうだ。智恵明晰で、福徳もあり、瓦や石でも彼の手に入ると金銀となるそうだ。よって、国の大長者となり、また国の師範として、多くの釈種が彼について学んでいる。

我が国には彼のような者はいない。お前は釈種なのだから、かの国に行き、釈摩男について勉強をするがよい」

王は王子を、大臣の子で王子と同じくらいの歳の子を付けて、迦毘羅衛国に送り出す。

迦毘羅衛国に着いてみると、城の中に新しい大きな堂があった。その中に、釈摩男の着く高座が高くしつらえてあり、その向かいに釈種が着く座があり、その後ろに釈種以外の者の着く座がある。

波斯匿王の子は、名を流離太子(るりたいし)というが、「私も釈種である」と、釈種の座に着こうとした。と、その場にいた人々は、「そこは釈種が大師釈摩男に向かって物を習う座だぞ。君は、波斯匿王の太子であるとはいえ、我が国の奴婢の娘の子ではないか。なぜ、もったいなくも釈種の座を汚すのだ」と言って、流離太子を座から追い落としてしまった。

流離太子は、「ひどい恥辱を受けた」と思ったが、一緒に来た大臣の子にこう語る。

「私が座から追い落とされたことは、国に帰っても誰にも言うな。私が国王になったときに、すべての釈種を罰してやる。そのときが来るまで、このことを口に出してはならぬ」と、固く口止めして舎衛国に帰る。(今昔物語集より)

これが毘流離王がまだ国王になる前に釈迦一族に辱められたことへの怨念として持った動機です。