読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正宗系観察日記

ウザい折伏を逆に伏せる(逆伏)ためのデータ記録

マズい涅槃経

日蓮本仏圏では末法に入れば釈迦(白法)の法は滅尽し、役に立たないと申します。そこで末法衆生救済のための法(大白法)が現れる、それが日蓮大聖人の題目と戒壇と本尊だとします。その根拠は法華経には何も書いていません。

いわゆる自主申告で上行菩薩という確証だけが万年救護本尊に書かれているだけです。さてそこで、法華三部経と言われる涅槃経(日蓮が遺文に多く引用する)にはこのような文章があります。

その時に世尊文殊師利に問ひたまはく、「何の因縁の故に是の大衆の中此の光明有る。」文殊師利の言さく、「世尊、是の如きの光明、名づけて智慧と為す。智慧とは即ち是常住なり、常住の法、因縁有ること無し

云何ぞ仏、何の因縁の故に是の光明有ると問ひたまふ。是の光明は大涅槃と名づく、大涅槃は即ち常住と名づく、常住の法は因縁に従はず。

云何ぞ仏、何の因縁の故に是の光明有ると問ひたまふ。是の光明は即ち是如来なり、如来は即ち是常住なり、常住の法は因縁に従はず。云何ぞ如来因縁を問ひたまふ。

光明は大慈大悲と名づく、大慈大悲は名づけて常住と為す、常住の法は因縁に従はず、云何ぞ如来因縁を問ひたまふ。光明は即ち是念仏、念仏は是を常住と名づく、常住の法は因縁に従はず。云何ぞ如来因縁を問ひたまふ。(涅槃経)

この赤文字の所は、敢えて正宗系は読み飛ばしたんでしょうか?そして念仏することを勧奨していますが、法華経の題目を唱えろ、とは書いていません。日蓮遺文の報恩抄に、「涅槃経所説の正法は法華経なり」乃至 「涅槃経をよむと申すは法華経をよむ」とあるのですが、赤文字部分のない涅槃経のようです。