読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正宗系観察日記

ウザい折伏を逆に伏せる(逆伏)ためのデータ記録

何が相伝って、これくらいお笑いはない

お祖師さんがあんなものですから、そういうことを知ってか知らずか、末弟もいい加減な人が多いようです。特に富士の清流と自己申告の嘘を標榜する宗派においては、権力の座につくと言い放題病が出るようです。

◎「お題目を唱えて、我々の仏界涌現、仏界涌現っていうんだ。これはまさしく大謗法だよ、これは」(平成6年8月全国教師講習会)

◎「そんな簡単にね、我々凡夫が、仏界が現れたり悟ったりできるんだったら、末法の凡夫はみんな仏になってんだよ。みんな狂ってるバカな奴ばっかじゃないか。こりゃもう、まったくその仏界はね、現じ難いんだ」(平成6年8月全国教師講習会)

◎「題目を唱えたからといって、直ちに九識の境界を得ることができたなどということは、おそらくない」(平成6年8月全国教師講習会)

◎「本当の仏の教え、仏智というものは、一般民衆が分かるはずがないんですから、ボンクラどもが千人万人おるよりも、仏様一人のお考えの方が正しいんです」(平成6年8月全国教師講習会)

 

◎「信心がいやになろうが、何しようが、そんなことは関係ないんだ!そんなこと、そんなくだらないことを言っては、ダメだってことを、頭から少しかましてやればいいんだっ、そんな者に対しては」(平成三年八月二十九日・全国教師指導会)

◎「要するに在家と僧侶は平等であり、在家教団も宗門もまったく一つである、平等で二十一世紀にひらかれた民主主義の宗門、こんなもの大聖人様の仏法の本質じゃない!」(平成四年一月二十八日・日蓮正宗法華講支部教師指導会)

何なんでしょうね?信者の信仰を督励するのがこういう立場の人であるはずが、まったく真逆のことを言うのですね、この方の有名な恫喝記録がユーチューブにアップされていますが、おおよそ品位はない感じですね。

そういう意味では日蓮さんの嘘ハッタリは相伝されているようですw。