読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正宗系観察日記

ウザい折伏を逆に伏せる(逆伏)ためのデータ記録

提婆のことはそんな風には。

日蓮さんの遺文では通俗に合わせて提婆達多は大悪人と書かれている遺文が多いです。

「此の提婆達多ほどの大悪人・三業相応して一中劫が間釈迦仏を罵詈・打杖し嫉妬し候はん大罪はいくらほどか重く候べきや」(法蓮抄)

 ところがですね、法華経を読むと未来に成仏し天王如来となると説かれている。これは仏教一般では「悪人の成仏」とみなすが、日蓮さんは「一闡提の成仏」と解釈して説いています。法華経では提婆達多は逆罪を犯した大悪人だったという直接的な記述はない。

しかも遺文に法華経に次いで登場する涅槃経では提婆達多は一闡提ではないと明言している。一体どうなっているのか?どの法華経と涅槃経を参考にしたんでしょうか?かなり草が生えています。さらに草が生えるのは。

「悉達と提婆と共に后にせん事をあらそひ給いし故に中あしくならせ給いぬ、後に悉達は出家して仏とならせ給い提婆達多・又須陀比丘を師として出家し給いぬ、仏は二百五十戒を持ち三千の威儀をととのへ給いしかば諸の天人これを渇仰し四衆これを恭敬す」(法蓮抄)

この提婆と争った后と言うのは、耶輸陀羅(ヤショーダラー・釈迦の后)のことですが、提婆達多とこの后は、誇張のない南伝仏教では姉弟とされており、南伝パーリ仏典、ジャータカ等では后を争うなどまったく根拠の無い話。

それ以外では釈迦と難陀や提婆達多等と競技を行い、釈迦の正妃となったとする説もあるが、彼女が10歳前後で釈迦が17歳(或いは16歳)で結婚したといわれています。

彼女が10歳の時の弟ですから少なくとも8歳9歳の男子がお姉ちゃんを争いますか?しかも争っていたらかなりややこしい話です(もう一面草が生えています)

まぁ東スポか週刊誌レベルの情報で組み立てた日蓮定説ですねwww