正宗系観察日記

ウザい折伏を逆に伏せる(逆伏)ためのデータ記録

阿羅漢と菩薩

仏陀ブッダ)とは、本来は真理を「知った人」、真実に「目覚めた人」、滅苦に関して「明るい人」という意味で通俗的には「悟りを開いた人」の意味。

 

日本では仏教の開祖であるゴータマ・シッタッタを指す。大乗仏教ではゴータマ以外にも仏陀を経典に登場させし、阿弥陀、大日、薬師如来などが考えられた。

 

阿羅漢(アラカン、アルハット)は仏陀と同質の内容を悟っている人、すべての苦から解脱し、二度と煩悩が戻ることがない人です。仏陀の示した修行を通じて到達した「聖者」のことで阿を取って「羅漢」と称することもあります。

 

仏教では、阿羅漢でない者が阿羅漢を名乗ることを故意・過失を問わず「大妄語」とし、最も重い波羅夷罪を科して僧団追放の対象とした。(上座部仏教

 

菩薩(ボサツ、ボーディサトヴァ)は最初は仏陀の修行時代のことを指す言葉でありましたが、自ら修行に努めると同時に他者の悟り到達に努め、やがて仏陀になる人に拡大されて大乗仏教では文殊菩薩普賢菩薩など。大乗仏教の展開によって登場した一種の宗教的スーパーマンとして救世主の役目を担った。

 

大乗仏教の漢訳圏では、経典内の阿羅漢の用法がよく理解されず、声聞と阿羅漢とを同一視し、菩薩や仏と対置して批判的にみる俗説が通流した。(大乗と小乗)

 

日本ではというか、大乗仏教圏では菩薩の悟りはいつでも如来に進むことができるが、衆生済度のために敢えて得達せずに輪廻してこの世界で活躍するといいますが、釈迦在世に大乗経典で説かれた菩薩がいた事実はありません、これは修行者の理想形の話でいわばフィクションです。