読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正宗系観察日記

ウザい折伏を逆に伏せる(逆伏)ためのデータ記録

予証された方は人違い?

よく正宗系の信者さんは、ブログや掲示板で日蓮こそが法華経に予証された方であると、コジツケとも言える自論をブッています。よくある主張はこんな感じ

この釈尊滅後の弘通を一身に担(にな)う上行菩薩について法華経釈尊は『神力品第二十一』において、
如来の滅後に於て(乃至)日月の光明の 能(よ)く諸(もろもろ)の幽冥(ゆうみょう)を除くが如く 斯(こ)の人(ひと)世間に行じて 能(よ)く衆生の闇を滅し」(法華経神力品)
と、仏滅後、末法時代に正法を弘通する上行菩薩は、凡夫の姿をした法華経の行者であることを示されています。

で、この文章のどこに日蓮って書いているんでしょう?しかも湧出品に出てきたのは六万恒河沙の地涌の菩薩たちで、四人揃って四菩薩なのに、後の三人は何時出てくるんでしょう?

こういう矛盾や辻褄の合わない所だらけの理論構成ですが、こういう釈迦の予言は同じ大乗仏典にならこういうのが有りますよ。

龍樹菩薩は釈迦が楞伽経(りょうがきょう)未来記に、
「未来世に、わが法をたもつ者あるべし。南天竺(インド)国の中に、大名徳の比丘(びく)あらん。その名を龍樹となす。
よく有無の宗を破し、世間の中にして我が無上の大乗をあらわし、初歓喜地を得て、安楽国に往生せん。」 

と二世紀ごろ(滅後七百年)龍樹菩薩の出現を予言しておられることでも有名ですね。釈尊日蓮の出現を予言したというならば場所、人物名、何をやったのか? この3つがでてくるはずですけど法華経には、日本とか、日蓮の日すらありません。

「日月の光明の能く諸の幽冥を除くが如く、斯の人世間に行じて能く衆生の闇を滅す」なんてコジツケでない、日蓮って箇所があれば教えてほしいですけど。