読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正宗系観察日記

ウザい折伏を逆に伏せる(逆伏)ためのデータ記録

正法のありかた

日蓮系ではこれこそが正しい法だと豪語していますが、実はすでに仏陀は後世にそういうことを言う人が出てくるだろうと、正法という基軸を残されています。

比丘たちよ、ここに比丘が、つぎのように語ったとします。『友よ、私は世尊から、<これが法である、これが律である、これが師の教えである>と直接聞き、直接受けました』と。

比丘たちよ、その比丘が語ったことは喜ばれるべきでもなく、非難されるべきでもありません。喜ぶことなく、非難することなく、それらの文句をよく学び、経(仏語)に引き合わせ、律に照らし合わせるべきです。

もしそれらが経に引き合わされ、律に照らし合わされて、経にも合致せず、律にも一致しないならば、そこで結論すべきです。<確かにこれは、かの世尊の言葉ではなく、この比丘が誤って理解したものである>と。

比丘たちよ、そのような場合、これは捨てねばなりません。しかし、もしそれらが経に引き合わされ、律に照らし合わされて、経にも合致し、律にも一致するならば、そこで結論すべきです。<確かにこれは、かの世尊の言葉であり、この比丘が正しく理解したものである>と。

比丘たちよ、これが、第一の大教法であり、銘記されねばなりません。(長部第16大般涅槃経第四章より 片山一良訳)

 ここに律とありますが、日本に正しい律は伝わっていません、戒も末法では否定されています。つまり戒も律も無縁のものを仏法と呼んでいる現実があります。

妻帯して財産も持って、しかも何かの理由をつけて信者の自主的な寄進ではなく財施を募るのはすでに戒律違反です。出版社を設けて販売したり、対価を設定した戒名や回向料など全て釈迦の定めた律に違反しています。

仏陀の説かれた、八正道という実践法を備えた法と律こそが、悟りという結果に修行者を導くただ一つの道であると長部の『大般涅槃経』には記されています。