読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正宗系観察日記

ウザい折伏を逆に伏せる(逆伏)ためのデータ記録

日蓮の戒思想:4

近年まで三大秘法抄を偽書と判定していた日蓮宗に大ダメージが有りました。身延山二祖とされる民部日向の写本が、身延山日向上人の七百遠忌法恩記念事業で発表されました。

三大秘法禀承事(三大秘法抄)
弘安四年(1281)日蓮 (伝)身延第二祖 佐渡阿闍梨日向上人筆

今回の宝物紹介は、身延山第二祖日向上人が書写したと伝わる「三大秘法禀承事(三大秘法抄)」です。
「三大秘法抄」は日蓮聖人が六十歳の時に、千葉の大檀越太田乗明氏に宛てて書かれたお手紙であると伝えられています。

「三大秘法」とは、末法の修行において大切な三つの教えのことで「本尊(久遠の本師釈迦牟尼仏」「題目(南無妙法蓮華経)」「戒壇法華経を受持する場所)」のことを言います。

日蓮聖人の御真筆が伝わっていないことから、その成立や内容に諸論が存在しますが、かねてより身延山に十一世に日朝上人の写本、京都本法寺に日親上人の写本が伝わっていることが知られていました。

今回ご紹介しました日向上人筆と伝えられる写本は、これまで身延に秘蔵されていましたが、日向上人の七百遠忌法恩記念事業の一つとして、皆様の浄罪により無事修理が成されました。現在宝物館で御覧いただけます。(みのぶ 第103巻 第11号)

ただし、これは筆跡鑑定等済んでいるものではなく伝・日向とされていますので、まだ論議はあると思いますが、その概要は以下で知ることが出来ます。

「最後に自分は私一個の憶説を出して、大方の指南を仰ぐことにする。本抄の法門は聖人が六老僧や富木・太田等の教団の重立(おもだ)ちに、深秘の法門として口決相承されたもので、その内の一つである太田氏の手記が転々伝写されて、真作と伝えられるに至ったものであろうか。

こう考えれば興師や祐師の聖教目録にも載らないことも、現在真蹟が存在しないことも、途中で真蹟が存在したといふ記録のあることも、ある程度に会通されるわけである。また文章に就いても、聖人直接の執筆ではないから、多少の矛盾はあろうし、聖人口づから授かったものを直写したとすれば、用語文勢等も他の御遺文と共通点があるわけである。

昭門流で指摘したといふ疑い、他の御書の例を破って、上行菩薩の再誕なりと直言された点なぞも、聖人の口授を筆録したものとすれば、あり得ることと思ふ。また内容の点から言っても、他に類例のない事の戒壇を沙汰するからといふ疑いも、口決相承であるといふ理由で解消されるわけである。

また曽谷入道殿許御書に、上行別付の要法を示す経文を求むる問いに対して『口伝を以て之を伝えん』と記され、然も本抄の冒頭にその経文が掲げられている点は、この私の憶説に多少の根拠を与えるものであろうと思う。」(日蓮聖人御遺文講義7・鈴木一成師講義:356頁)

 鈴木氏は真偽未決という立場で釈迦本仏論圏の日蓮宗としては、これが真蹟となればかなりイタい遺文になりますが、それでも多くの人に見ていただこうと隠すことなく展示している態度は立派。どこかの宗派のように、隠すばかりで有るんだ、という隠蔽体質とはかなり違いますね。