正宗系観察日記

ウザい折伏を逆に伏せる(逆伏)ためのデータ記録

名色=五陰

このナーマとルーパですが、名色ともいい、人間にあてはめれば五陰になります。いわゆる色受想行識の五種類で自己存在を形成する形成要素なのですが、日蓮系ではこれを天台がサラッと誤解したままを踏襲しています。詳細を見てみましょう

★ルーパ(色ー身体、物質的なもの。それも一つではなく土水火風、…でできている。全て変化して流れてゆく。)


ヴェーダナー(受ー苦、楽、不苦不楽。これも身体が物に触れると生まれて消えて行く。受がなければ「生き物」とは言えないのです。)


★サンニャー(想ー概念を生み出すデーターです。概念でも良い。-Sumanasaraの訳です。これも増えたり、減ったりしながら消えてゆく)


★サンカーラ(行ー身体を動かしたい、話したい、思考したいというエネルギーです。変わって消えていくのは当たり前です。)


★ヴィンニャーナ(識ー認識するという機能です。触れるものによって変わった識が生まれる、消えてゆく。)(五陰・テーラワーダ協会)

 天台家では五陰世間とかと言い、一念三千の構成要素になっていますが、正統な仏教ではこの五陰は全て無常となっていて構成要素にならないんですね。

この五つの構成の中で何に捕らわれるべきか、何に執着するべきか、何が永遠ですか、何が幸福、至福ですか、何が実体ですか、何が「我」と言えるのですか、と観察すると常に変化するばかりで一つとして実体的、固定的なものはなかったと洞察されたものが五陰です。

ということは無常なものが一念三千とかで真理構成要素になりますか?なりませんね。こういうところも日蓮系の法義の杜撰なところです。