読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正宗系観察日記

ウザい折伏を逆に伏せる(逆伏)ためのデータ記録

不祥事の温床

日蓮正宗の僧侶に社会的な事件が多いのは今に始まったことではありませんが、貫首と言われる人が明治期や大正・昭和に事件として取り上げられることも多い。

日蓮正宗妙法寺福島県いわき市内)住職・佐久間法敬(六十一歳、写真)が去る二十二日午後六時四十五分頃、いわき市錦町釈迦堂の市道で、酒気帯び運転のた め、福島県警いわき南署に現行犯逮捕された。佐久間は乗用車を運転し、丁字路交差点で自損事故を起こして酒気帯びが発覚した。このニュー スは二十三日付の福島民報などで報道された。

◎熊本・法観寺住職の山田雄勉が平成二十一年五月三十一日午後十時二十分頃、酒を飲んで車を運転して事故を起こし、酒気帯び運転で同県警八代署に現行犯 逮捕

◎平成10年5月26日、静岡県警は大石寺の教師であり宗門機関誌「大日蓮」編集室の編集員・後藤信和を「十八歳未満に対するみだらな行為」で逮捕

◎平成16年9月27日には山口県下関市日蓮正宗興本寺住職・武冨道晋が淫行を禁じた福岡県青少年健全育成条例違反容疑で福岡県警に逮捕。

 他にもたくさんありますが、日蓮正宗ではこうした淫欲や酒気帯び事件を他宗出家僧侶が起こせば、謗法の毒気が深くとか言い出すのでですが、自らの宗派の不祥事にはかなり甘いようです。

先代の貫首さん(阿部日顕氏)が海外赴任教師に言った言葉がこれですからね。

「黒人女には手を出さない方がいい。あれはあんまりよくないんだ。日本人には具合が悪い。病気をうつされてどうしようもなくなるぞ」 (昭和58年4月、ロサンゼルスに赴任する住職に対面所で指導)

なにか僧侶の買春を認めているような前提ですねwww。