読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正宗系観察日記

ウザい折伏を逆に伏せる(逆伏)ためのデータ記録

大石寺文化考:絶えず分裂

大石寺の特徴は開祖の日興の時代から系統の弟子連中が離反して分派の繰り返しで、日興・日目の滅後はもっと拍車がかかりざっと見るだけでも京都に行った上行院から要法寺となった日尊系、日郷系、日郷の系統で小泉系。

同じく日郷と共に同行し九州日向(宮崎)で定善寺の日叡系、西山などの日代系、重須本門寺を出た日代の後を継いだ式部日妙系、などが鎌倉末から室町にかけて分派の繰り返しを行っています。

宗派統制の江戸期を経て、改宗の自由となった明治以降もその繰り返しで戦後だけでも以下の有様。

★1946年(昭和21年)
讃岐本門寺(北山本門寺旧末)とその末寺10か寺が、日蓮宗を離脱し日蓮正宗に合流。
★1950年(昭和25年)
下条妙蓮寺(旧本門宗本山、興門八本山の一つ)とその末寺6か寺が、日蓮宗を離脱し日蓮正宗に合流。
★1956年(昭和31年)
妙泉寺(北山本門寺旧末)が、日蓮宗より離脱して日蓮正宗に合流。
★1957年(昭和32年)
西山本門寺(旧本門宗本山、興門八本山の一つ)が、第49世由比日光の主導により、本山単独で日蓮宗より離脱し日蓮正宗に合流。塔中・檀信徒の反対派により、日蓮正宗との合併手続きの無効訴訟が起こされる。
保田妙本寺(旧本門宗本山、興門八本山の一つ)とその末寺4か寺、定善寺とその末寺5か寺が、日蓮宗を離脱し日蓮正宗に合流(保田妙本寺は後に離脱)。
★1958年(昭和33年)
妙国寺(定善寺旧末)が日蓮正宗より離脱して単立になる(1976年(昭和51年)日蓮宗に再所属)。
★1960年(昭和35年
本源寺(経王山、定善寺旧末)、忠正寺(下条妙連寺旧末)が、日蓮宗を離脱し日蓮正宗に合流。
西山本門寺第49世由比日光逝去。日蓮正宗は由比日光の後継指名に基づき下条妙蓮寺の前貫主吉田日勇を後任に任命。
★1974年(昭和49年)
妙信講(後の顕正会)を講中解散処分[56]。
★1975年(昭和50年)
西山本門寺の裁判で最高裁判決。信徒側が勝利し、日勇は西山本門寺より退去。西山本門寺日蓮正宗より離脱し単立寺院に。
★1980年 (昭和55年)
日蓮正宗は擯斥処分した僧侶が住職をつとめる寺院に後任住職を派遣したが、それを拒否し、正信会住職のもと、日蓮正宗から独立した寺院が約150か寺(日蓮正宗寺院の4分の1に相当)あった。
★1982年(昭和57年)
本顕寺(保田妙本寺旧末)は、正信会会員の住職が日蓮正宗より擯斥処分をうけ、日蓮正宗とは絶縁状態に。
住職が正信会会員として擯斥処分をうけた寺院が百数十か寺。その大部分は大石寺とともに日蓮宗富士派(日蓮正宗)の設立に参加した寺院や、富士派ないしは日蓮正宗の寺院として建立された寺院である。
★1991年(平成3年)
11月7日 宗門を誹謗し、また化法・化儀を逸脱した創価学会は外護団体の姿を失ったと日蓮正宗が判断。解散勧告を行う。
11月28日 組織としてのSGIならびに創価学会を破門。
★1993年(平成5年)
保田妙本寺とその旧末寺顕徳寺・遠本寺が、日蓮正宗より離脱して単立になる。
★1998年(平成9年)
「宗規」一部改正。創価学会に所属する者を除籍。(ウィキペディアから引用)

これで一国を一宗派で広宣流布がどうとかいうのですから、よほど度量のない人が仕切っているのか、引き算ばかりしかできない頭の悪い坊さんばかりということです。