正宗系観察日記

ウザい折伏を逆に伏せる(逆伏)ためのデータ記録

大石寺文化考:大乗と言いながら実は小乗志向。

現代ではテーラワーダ系の教団が日本にも来日してきて、北伝と南伝仏教の違いがバレてしまって、日本仏教の人も対談本などで盛んに立ち位置をシフトする人も多いようです。

大石寺では小乗などと、いまや仏教界ですら使用しなくなった定義を使って蔑んでいますが、典型的な例文をあげますと。

すなわち、小乗教は釈尊が初期の阿含時において、自己の救済のみを求める声聞・縁覚のために説かれた教えであります。

それ故、小乗教は種々の戒律を定め、一切の煩悩を断じ尽くそうとしますが、所詮、自分の利益だけを考え、他人のことは顧(かえり)みず、利己的であるのに対して、大乗経は自己の解脱だけを目的とするのではなく、自利・利他の両面を満たし、すべての人々の平等な救済と成仏を願う菩薩のために説かれた教えであります。

したがって、大乗教は教理の内容も深遠な法理が説かれており、小乗教との差は歴然としているのであります。(大石寺六十八世日如上人・御指南)

この方もこう言いながら、大石寺の代々の人と同じく外界に降りて下々に方を説こうとしない人なんですねw。それって自らが蔑んでいる現代の小乗教団じゃないんですかね。そういえば偽書なんですけど大石寺では真書だとしている遺文にこんなのがありますけどね。

一御山篭の御志しの事、凡そ末法折伏の行に背くと雖も病者にて御座候上・天下の災・国土の難・強盛に候はん時・我が身につみ知り候はざらんより外は・いかに申し候とも・国主信ぜられまじく候へば・日蓮尚篭居の志候、まして御分の御事はさこそ候はんずらめ、 仮使山谷に篭居候とも御病も平癒して 便宜も吉候はば身命を捨て弘通せしめ給ふべし。(祈祷経送状・与最蓮房日浄)

弟子の人が病気で山ごもりしてたら法華修行の原則に準じて「凡そ末法折伏の行に背く」と言われて、末法の時機に適った仏道修行は「折伏行」であり、その基本方針からいえば、山寺等に籠るのは末法相応の修行に背くと言う遺文ですね。

こういう大石寺の僧侶の目に痛い遺文は端折っているんでしょうか?寺や山に篭ったまま他宗と問答や各戸訪問に出ていこうとしない、まさしく自分だけの修行に明け暮れる現代の小乗教団というブーメランですね。