正宗系観察日記

ウザい折伏を逆に伏せる(逆伏)ためのデータ記録

大石寺文化考:語句変換【教主釈尊】

大石寺教学の真骨頂は、日蓮遺文に教主釈尊と有っても、それは日蓮本仏のことだと即、脳内変換することです。このプロセスが早ければ早いほど強信者であり、教学に長けた人となるようです。

「其形貌如何。答えて云く、一には日本乃至一閻浮提一同に本門の教主釈尊を本尊とすべし。所謂宝塔の内の釈迦・多宝、外の諸仏、並に上行等の四菩薩脇士となるべし。」(報恩抄・真蹟)

 と、こういう真蹟の残っている遺文でも赤文字部分はサッと脳内変換の該当語句になるわけです。

ちな、この文章には2つ仏が出ています、宝塔のなかの釈迦とその前の本門の釈迦ですね。これを応身だの報身だのと理屈付けして、本門釈尊は文字曼荼羅の中央の題目に当たると、正宗教学ではこう云うのですね。

末法のために留め置き給う迦葉・阿難等・馬鳴・竜樹等・天台・伝教等の弘通せさせ給はざる正法なり」(報恩抄・真蹟)

上記はその前の文章で、この後の「本門の教主釈尊が題目の事となれば、この赤文字の仏は一体誰なんでしょうね?インドには題目なんて現れたことがないし、その題目が迦葉・阿難等・馬鳴・竜樹等を教導した事実もないですから(藁)。

そもそも漢語の文字がインドには出現できないでしょうに。

前後読めば理解できるように、どう読んでも教主釈尊法華経の久遠実成の釈迦しか読めないし、後の文章では「上行等の四菩薩脇士」とあの地涌の菩薩たちも釈迦の横に並ぶと書いてあるんですが、このときは一応だの再応だのという無理やり解釈をする事が優秀な教学達人になれるようです。