読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正宗系観察日記

ウザい折伏を逆に伏せる(逆伏)ためのデータ記録

大石寺文化考:語句変換【法華経の菩薩】

日蓮本仏論は上行菩薩が釈迦から付属を受けて末法の大白法を樹立するところがキモですが、この菩薩さんは四人いてこそなのに、そこはシカトして無理くり久遠元初にいた仏にするのが、無理筋教学の眉目です。

仏典に説かれるたくさんの仏や菩薩(ぼさつ)たちも、ほとんどは歴史的に現実に地上に出現したことはありません。身近なところでは、念仏宗阿弥陀如来や、真言宗大日如来なども実在したことのない仏です。
ではなぜ、架空といえる仏や菩薩が経典に説かれたのかと申しますと、インドに歴史的に現実に出現したお釈迦(しゃか)様は、宇宙法界の真理と生命の根源を解き明かすために、生命に備わる働きや、仏の徳を具象(ぐしょう)的・擬人(ぎじん)的に仏・菩薩の名を付けて表現されたのです。例えば智慧を表わすに文殊菩薩もんじゅぼさつ=三人寄れば文殊の知慧というのはここからきています)、慈悲の表象(ひょうしょう)として弥勒菩薩(みろくぼさつ)、病を防ぎ、癒やす働きを薬師如来、薬王菩薩、美しい声を妙音菩薩というように、それぞれ擬人化して名を付けられたのです。(正しい宗教と信仰【日蓮正宗】/第三節 信仰を持たない人へ/現実に神や仏がいるとは思わない)

最近では最新の仏教学に押されてこんなこと言い出しているんですね。もうツギハギがモロですけど、こうしておかないと法華経に登場する菩薩軍は扱いに困りますからね。

で、赤文字部分はもちろん法華経の四菩薩の上行さんも例外ではないと読めます。で、シンボルとして使用された架空の菩薩さんたちをこう言い切るのはいいですが、これでは本仏論に影響するので、別のサイトではこんなこと言ってます。

この釈尊が究極の教えとして説かれた法華経の中に、末法に出現する本仏を予証されました。その予証とは、法華経を行ずるゆえに刀や杖(つえ)、あるいは瓦石(がしゃく)で迫害されること、悪口罵詈(あっくめり)されること、しばしば所払いの難にあうこと、迫害者の刀が折れて斬ることができないなどのことですが、この予言どおりに、うち続く大難の中で民衆救済のために究極の本法たる文底(もんてい)の法華経を説き、未来永劫の人々のために大御本尊を顕わされた御本仏こそ日蓮大聖人です。(日蓮正宗サイト)

もちろんこういう予言など、勝手な読み方で法華経のシンボルの釈迦さんは相変わらず霊鷲山にて常住比説法していると書かれています。まったくの矛盾になりますが、ここを正宗では末法の仏さん(日蓮)と、読み替えるんですねw。