正宗系観察日記

ウザい折伏を逆に伏せる(逆伏)ためのデータ記録

大石寺文化考:語句変換【無仏の世】

大乗仏典の思想では釈迦は自身の長い歴劫修行を経て久遠の昔に成仏し、仏となってからは更に長い時間を衆生教化したとされるのですが、この地球上ではインドに出現して説法して仏法を説いたされます。

「我が釈迦如来は一代聖教乃至八万法蔵の説者なり。此の娑婆無仏の世の最先に出させ給いて、一切衆生の眼目を開き給ふ御仏なり。東西十方の諸仏菩薩も皆此の仏の教へなるべし。」(善無畏三蔵抄)

とこう書いています、無仏の世から次の仏である弥勒下天までは五十六億七千万年後とされていて、その間を無仏の中間」とか「中間」といいますが、大石寺では弥勒仏の存在や現在が大乗仏教思想では無仏であるとは、言いません。

大日如来は何なる人を父母として、何なる国に出で、大日経を説き給ひけるやらん。もし父母なくして出世し給ふならば、釈尊入滅以後、慈尊出世以前、五十六億七千万歳が中間に、仏でて説法すべしと云ふ事何なる経文ぞや。若し証拠なくば誰の人か信ずべきや。か々る僻事をのみ構へ申す間、邪教とは申すなり。」(祈祷抄)

ここではこの中間に得体の知れない仏を立てるのは「僻事をのみ構へ申す間、邪教とは申すなり」となっていますけど、ここの箇所は無仏=それは釈迦仏法の規定、と変換して末法今時は日蓮の慈悲で救われるんだと強弁するのが正しい大石寺信者ですw