読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正宗系観察日記

ウザい折伏を逆に伏せる(逆伏)ためのデータ記録

大石寺文化考:依法不依人

この「依法不依人」くらい矛盾に満ちた大石寺流教説は無いですね。この意味は以下です。

「法に依って人に依らざれ」という「依法不依人」は、釈尊が説かれた涅槃経の文です。日蓮大聖人は『開目抄』に、
 「最後の御遺言に云はく『法に依って人に依らざれ』等云云。不依人等とは、初依・二依・三依・第四依。普賢(ふげん)・文殊もんじゅ)等の等覚(とうがく)の菩薩、法門を説き給ふとも経を手ににぎらざらんをば用(もち)ゆべからず」(御書558)
と説かれ、更に『三世諸仏総勘文教相廃立』に、
 「涅槃(ねはん)経に云はく『法に依って人に依らざれ』云云。痛ましいかな悲しいかな、末代の学者仏法を習学して還(かえ)って仏法を滅す」(御書1420)
と仰せであり『頼基陳状』に、
 「誰人か時の代にあをがるヽ人師等をば疑ひ候べき。但し涅槃経に仏最後の御遺言として『法に依って人に依らざれ』と見えて候。人師にあやま(誤)りあらば経に依れと仏は説かれて候。御辺はよもあやま(誤)りましまさじと申され候」(御書1128)
と「依法不依人」について御教示であります。仏法を信じ修行していくには、正しい法に依って、法を無視した人の言葉に依ってはいけないということです。(日蓮正宗サイト)

とこうですね、「依法不依人」とは、「仏の説いた法そのものをよりどころとして、人によってはならないということ。仏法の勝劣浅深の判定は、釈尊が説いた経文を根本とすべきであり、他の人師・論師の所説を用いてはなりません。」と日蓮正宗的に簡単に言えばこうなるんですが、その釈尊法華経ですら、過去のものだと否定していませんでしたか?

しかも「大聖人の御仏意を信じ、血脈付法の御法主上人の御指南に信伏随従していくことが大切であり、己我見や浅識によって仏の教えを推し量ってはなりません。」 とか、いって依法不依人であったのに、急に人に依れと言います。

歴史を見ればその偉い人たちも間違いだらけなのに、おかしいですね。