読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正宗系観察日記

ウザい折伏を逆に伏せる(逆伏)ためのデータ記録

大乗非仏説の次は、これです

以下の図は日蓮曼荼羅の一つですけど、信者の皆さんは有り難いと思っているようです。仏菩薩やなぜか密教大日如来の化身である不動明王とか勧請されて、さらに法華経にはいないはずの八幡大菩薩とか日本の天皇家天照大神とかが勧請されています。

f:id:gachinbow:20170412062605j:plain

題目のところでも言いましたけど、中央の題目は意味がありません。天台大師の法華玄義に則って意味づけしていますけど、妙法蓮華経は羅什の意訳ですので、もしその言葉が本尊になるのなら、竺法護の正法華経だって本尊になります、添本法華経もそうです。

察しのいい人はわかると思いますが、根本尊敬の対象はここでまず、本尊の意味が瓦解しています。日蓮曼荼羅はあくまでも鳩摩羅什法華経が正しければと言う、前提で成り立っています。これが個人的な文学作品であれば、意味を成さないことは理解できますよね。大乗非仏説でも述べましたが、大石寺の坊さん達はかつて法華経は非仏説だと思っていたので、正統な根拠などないと心中では理解してたでしょうw。