正宗系観察日記

ウザい折伏を逆に伏せる(逆伏)ためのデータ記録

日蓮本尊・法華経登場キャラ、仏菩薩って?

それでは当の日蓮正宗では大乗仏典の菩薩についてどう考えているのか、引用してみましょう。

釈尊は、宇宙法界の真理の姿と生命の起源を説き明かすため、自身の生命に具わる働きや徳を具象的(ぐしょうてき)・擬人的にわかりやすく示そうとしました。
たとえば、仏としての智慧の働きを象徴するものとして「文殊もんじゅ)菩薩」という菩薩の姿を語り、慈悲の働きの象徴は「弥勒(みろく)菩薩」として、病を防いだり癒す力を「薬師(やくし)如来」や「薬王(やくおう)菩薩」などの物語として語った、などです。これらはすべて、釈尊の生命に具わる様々な力や徳を示すため、経典の中に描かれたに過ぎないのです。
よって、釈尊以外の仏はみな、釈尊が人々を導くために語った架空のもの、あるいは釈尊自身が持っている力を示したもの、であることを知らなければなりません。阿弥陀も、大日如来なども、信仰の対象ではないということです)(日蓮正宗妙通寺・神仏など信じられない、という方へ

ほらね、自分達が拝んでる仏菩薩は架空のものだと言ってるんですよ。つまりはポケモンと同じってことです。それらが勧請された文字曼荼羅なんて何をか言わんやでしょ。まだありますよ。

仏典に説かれるたくさんの仏や菩薩(ぼさつ)たちも、ほとんどは歴史的に現実に地上に出現したことはありません。身近なところでは、念仏宗阿弥陀如来や、真言宗大日如来なども実在したことのない仏です。(正しい宗教と信仰【日蓮正宗】/第三節 信仰を持たない人へ/現実に神や仏がいるとは思わない) 

あまり良く考えないでこういう文章アップされてるんでしょう。赤文字はこのままブーメランで、久遠の本仏である久遠元初の自受用報身如来という仏さん、そして上行菩薩だの地涌の菩薩だの、みんな創造のキャラで数多ある経典にも登場しない日蓮さんや大石寺で存在を意味づけされた仏・菩薩ですからね。上記のごとく言い切ってしまうと、本尊開発者の脳内キャラばかりとなりますから、とーぜんマズイということは必至です。