正宗系観察日記

ウザい折伏を逆に伏せる(逆伏)ためのデータ記録

正宗は本尊中の菩薩諸神はシンボルだと

日蓮正宗の仏菩薩についての現在の見解はかなり祖師の意向と離れています、いちおう文字曼荼羅正意ということを言ってますので突き詰めて考えますと、非常な矛盾が生じます。

次に仏について申しますと、仏典に説かれるたくさんの仏や菩薩(ぼさつ)たちも、ほとんどは歴史的に現実に地上に出現したことはありません。身近なところでは、念仏宗阿弥陀如来や、真言宗大日如来なども実在したことのない仏です。
ではなぜ、架空といえる仏や菩薩が経典に説かれたのかと申しますと、インドに歴史的に現実に出現したお釈迦(しゃか)様は、宇宙法界の真理と生命の根源を解き明かすために、生命に備わる働きや、仏の徳を具象(ぐしょう)的・擬人(ぎじん)的に仏・菩薩の名を付けて表現されたのです。例えば智慧を表わすに文殊菩薩もんじゅぼさつ=三人寄れば文殊の知慧というのはここからきています)、慈悲の表象(ひょうしょう)として弥勒菩薩(みろくぼさつ)、病を防ぎ、癒やす働きを薬師如来、薬王菩薩、美しい声を妙音菩薩というように、それぞれ擬人化して名を付けられたのです。
これらの仏・菩薩は、教主であるお釈迦様の力用(りきゆう)を示すために説かれたわけですが、お釈迦様自身は、厳然としてインドの釈迦族の王家の王子として誕生され、出家して修行し宇宙の真理を悟(さと)り仏様となって、人々に多くの教え(お経)を遺(のこ)されたのです。(日蓮正宗サイトから引用)

これを見ると坊さん的には法華経は全否定ということで良いかと思いますね。しかも諸神・仏菩薩は現代風に実はこうだ、と言ってますけど、そうなると本尊に書かれた仏菩薩たちもすべて架空、擬人、表象ということで何が書いてあっても心の働きを現しているなら良いということになります。

法華経の登場人物が全て架空なら、同じようなドラえもんポケモンでも菩薩の働きと認識できれば書き入れできるってことですね、勿論正宗の本尊にそういうことはやらないとは思いますけど、考えとしては有りということですw。