読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正宗系観察日記

ウザい折伏を逆に伏せる(逆伏)ためのデータ記録

文字曼荼羅の題目直下のこと

大石寺の本尊観と日蓮本仏の関係については、あの板本尊に現された筆法が通常のモノと違うということをよく掲示板で見かけます。

六十七代の法主さんがそのことについて、こういう説法をしています。

今、端的にいえば、佐渡より身延に入られて、文永十一年、十二年、建治二年ごろまでの御本尊は、外用の上の意義を表となし、内証の当体を直ちに顕されていないのであります。

建治三年より弘安に至り、特に弘安以降において如実に南無妙法蓮華経の中央直下に日蓮の御名、御花押をお示しあそばされ、その上から御本尊の当体、当相に重大なる整足が拝される御本尊においてこそ、外用を撤廃して直ちに内証の本仏の当体を示し給うのであります。

それ以前の御本尊は、中央の七字に対し御名、御花押が左右にはなはだしく片寄って書かれており、これはいまだ根本妙法蓮華を所持し証得あそばした法界ただ一人の本仏御境界を直ちに顕されず、釈尊の脱益仏法の範囲に由来する仏勅使としての義を残し給うのであります。日蓮正宗六十七代・阿部日顕・於 霊宝虫払大法要 観心本尊抄説法)

まるで大石寺だけに伝わった解釈だと言わんばかりですが、こういうことを派祖の日興さんはその時代の書物のなかでは残していませんで、何を根拠にこういう体相をくっちゃべるのか、と思うのですが、ここが大石寺のパクリ法門の秀逸なところです。

「問う首題の下に必ず日蓮判と遊ばす義如何、 答う日向門徒には法華堂をば皆御影堂と習うなり。その故は首題の下に日蓮と遊ばしたるは妙法全く我が身なりといえる御心中なる旨なり。左右の脇士はまた日蓮聖人の脇士なり。諸堂みな御影堂なりと申す伝なり。また首題の下に御名を遊ばすは人法一体能弘所弘不二なることを顕すなり。真間流の人は大聖人の大の字を制して書くなり。定めて人法一体の意なり。その故は地湧の四大士と中央の首題と引き合わせて習うに、首題は空大なり、四菩薩は四大にて、その義通ずる故に空大妙法と聖人とは全く一体となれば、日蓮空聖人という意にて大聖人と書くなり。大は空の義の故なり。」(日朗門流相伝書『本尊論資料』 p.314)

赤文字を上の説法と比較すればバッチリですね 。大石寺だけに伝わったなんていうシロモノではなく、造仏派の日朗門流でもこういう解釈だったことが理解できます。ただし朗門は釈迦本意で日蓮垂迹の立場、あくまでも菩薩位ですけど、大石寺日蓮本仏という違いです。

大石寺で本尊の首題と日蓮を一体にして人法一体と解釈するのは室町期くらいですが、その頃には既に朗門系ではこういう解釈であったことがわかります。